長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

自分はどのくらい住宅ローンを借りられるのか?

2016.03.19


こんにちは!
おかげさまで創業66年
子育て世代のための自然素材・木の家専門店
田中建築株式会社 三代目 代表の田中慎也です。
 

「借りられる額」と「返せる額」は違う?


 

これから、新築住宅を建てたいと考えている方が気になることといえば

「自分はどのくらい住宅ローンを借りられるのか?」

ということではないでしょうか?

 

一般的に年収の30%が1つの目安になります。

 

例えば、

年収450万円の方であれば、年間の返済額が135万円までということになります。

つまり、月々の返済額が11万2500円までということになります。

 

住宅金融支援機構 フラット35の基準では、

 

年収が400万円以下の方は年収の30%以下

年収が450万円以上の方は年収の35%以下

 

という基準があります。

 

 

しかし、これはすべての借り入れのことを言います。

 

すべての借り入れとは、

住宅ローンを含め、自動車ローン、教育ローン、カードローン、携帯電話の分割払い等も含めたものになります。

それらがある場合は「借りられる額」に影響しますので注意が必要です。

 

 

では、実際に計算してみるとどうなるでしょうか。

 

年収450万円の方がフラット35(35年返済)で借りた場合

住宅ローン以外、借り入れがない場合 「借りられる額」は

 

年間157.5万円×35年=約5512万円となります。

この場合、月々の支払額は約13万円です。

 

 

しかし、ここでよく考えてみてください。

 

年収450万円の方が35年間、毎月13万円を支払い続けることが出来るでしょうか?

奥さんが専業主婦でお子さんもいた場合、ほとんど不可能な数字だと思います。

 

 

ですから、

「借りられる額」と「返せる額」は違うのです。

 

 

住宅ローンの審査が通ったからと言って安心してはいけません。

しっかりと月々の返済額をいくらにするかを検討しなければ、

家を建ててもゆとりある、豊かな暮らしの実現は出来ません。

 

 

では、月々の返済額はどのように導き出せばいいのでしょうか?

 

月々の返済額を導きだす方法は、たった一つしかありません!

それがファイナンシャル・プランニング(キャッシュフロー表)なのです。

 

 

豊かな暮らし、幸せな暮らしを実現するために、

このファイナンシャル・プランニングをしっかりしてから家を建ててください。

 

 

 

私たち田中建築株式会社は、

「家づくり」を「幸せづくり」にするという信念があります。

それを実現するための方法は、しっかりと未来を見据えたハウジング計画と

自然素材をふんだんに使ってデザインされた木の家です。

同じ志を持った協力業者と共にお客様の思いに寄り添う、顧客密着の工務店です。

無料カタログを申込む