長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

【新築一戸建て】床に無垢材!?長野の業者が詳しく解説!

2019.07.20


「新築一戸建ての床に無垢材を使用すると何がいいのか、難しそうでよく分からない」
「基本的なことから詳しく知りたいな。」
新しい住まいを検討する際によく悩むのが、床材を何にするかではないでしょうか。
そこで今回は、新築一戸建ての床材として無垢材の利用を考えている方必見の特徴やメリットについて解説します。

□無垢フローリングについて
床材は内装の印象を大きく左右する建材の一つです。
床材をどのようにするのかについて、新築を考えるにあたって多くの方が悩んでいます。
そんな床材の中でおすすめなのが、住み心地を重視し、本物の天然木を惜しみなく使った無垢フローリングです。
無垢フローリングは一般的なフローリングと比べて見た目の印象だけでなく、肌触りや質感が全然違います。

□無垢フローリングのメリット
では、具体的に無垢フローリングの何が良いのかについて解説します。

*肌触りがよい
先ほども述べましたが、無垢フローリングのメリットとしてよく挙げられるのが、肌触りや質感でしょう。
無垢材は触り心地が非常に良いので、普段の生活がより快適になるでしょう。

*熱伝導率が低く暖かい
熱伝導率が低いので、冬場は比較的暖かく過ごすことができます。
もちろん使用する木材によって多少の違いはありますが、一年を通して足元から快適に過ごせるでしょう。

*調湿性がある
無垢材には吸放出性があるのも特徴です。
部屋の湿度が気になる方もいると思います。
無垢材には、湿気が多い時には水分を吸い、乾燥している時には室内に水分を吐き出すことで湿度を保ってくれる効果があります。

*面倒なメンテナンスが必要ない
無垢フローリングには、基本的に面倒なメンテナンスが必要ありません。
掃除機をかけたりフローリングワイパーで埃をとったりするだけで十分です。

*経年変化が美しい
合板フローリングやプリント合板は経年劣化しますが、無垢フローリングは経年変化して味わい深い色になっていきます。
床材の色を悩む人も多くいますが、無垢フローリングを使用する際には時間が経って色が濃くなることも考えて内装の色を決めるようにしましょう。

□まとめ
以上、新築一戸建てを検討している方に向けて、無垢材とは何か、無垢材のメリットについてご紹介しました。
初めは難しそうに思ったかもしれませんが、意外と簡単で驚いたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、無垢材の利用について検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

無料カタログを申込む