長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

長野市で平屋をご検討中の方必見!価格について詳しく解説します!

2019.12.15


長野市で平屋をお考えの方はいませんか?
「平屋って高いイメージがあるけど、どのくらいなのかな?」
「平屋で価格を少しでも抑える方法ってあるのかな?」

このように、平屋の価格についてお悩みの方は多くいらっしゃると思います。
少しでも価格を抑えて平屋を建てたいですよね。
そこで今回は、平屋の価格の相場や価格を抑える方法を紹介します。

□そもそも平屋ってなに?

*平屋とは

平屋とは一階建ての住宅のことを指します。
平屋は、一層の床、天井、屋根と壁で構成されており、シンプルな住宅だと言えます。
そのため、デザインに工夫がしやすく、おしゃれで個性的な住宅にできます。

*平屋のメリット

平屋は同じフロア内に全ての生活スペースがありますよね。
そのため、家族と顔を合わせる機会が多く、家族間のコミュニケーションに繋がります。
また、平屋は構造的に安定しやすいため、地震に強いといった特徴もあります。
他にも、階段スペースを作る必要がないため、他の住宅よりも部屋の数を多くできます。
さらに、高低差が少ない平屋は、バリアフリーにしやすいといった特徴があります。
そのため、老後の生活でも安心して暮らせるでしょう。

*平屋のデメリット

平屋には、メリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。
平屋のデメリットを見ていきましょう。
平屋の場合、多くの部屋を確保するためには広い土地が必要になります。
そのため、狭い部屋数では、窮屈に感じることもあるでしょう。
また、平屋ではプライベートの確保が難しいです。
しかし、ロフトを作ったり、リビングをパーテーションで仕切ったりと、工夫次第でプライベート空間を確保できるでしょう。
また、平屋の中心部は、敷地面積が大きくなるほど日当たりの確保が難しくなるといった特徴があります。
しかし、平屋の中心部の部屋が、他の部屋に囲まれている場合は、天窓を用いることで、採光と通風を確保できるでしょう。

□平屋の価格相場について

*平屋を新築で建てる場合の相場

住宅を建てる時に価格は気になりますよね。
ある程度の相場を知ることで、間取りやプランを作る際の目安になりますよね。
一般的には、2~3LDKの広さの住宅では、2000万円ほどが相場になっています。
この相場は、設備や条件によって大きく変化するため、依頼する住宅会社に見積もりを出してもらうのが良いでしょう。

*平屋と二階建ての価格を比べよう!

多くの方が、平屋を立てるよりも、二階建ての住宅の方が高くなるとお考えではないでしょうか。
その理由は、二階建ての住宅の方が、資材の量が多いと考えるからでしょう。
しかし、必ずしも、平屋よりも二階建て住宅の方が高くなるとは限りません。
その理由は、広い居住スペースを確保する平屋を作るためには、広い土地が必要だからです。
また、大きな平屋を作る場合、その分大きな屋根が必要になることも一つの理由だと言えるでしょう。
その一方で、階段スペースに関しては、その分資材が必要ないため、節約できるでしょう。

*平屋で高くなりがちなポイント!

平田が二階建て住宅より高くなってしまう理由として、屋根と基礎工事が挙げられます。
しかし、二階建てよりも建築費用が高くなりがちな平屋は、プラン次第で建築費用を抑えられます。
例えば、工事する敷地面積を減らせば、その分だけ建築費用を抑えられます。
平屋の面積を抑え、ウッドデッキや、庭の面積を広くすれば、費用を抑えられるでしょう。

□平屋で予算を押さえる方法

*設計はシンプルに!

建築費用を抑える一つの方法は、設計をシンプルにする方法です。
複雑な設計の場合、人件費や材料費がかかってしまいます。
また、内装にこだわるほど、特殊な材料を使うことになるため、費用は高くなります。

*水回りをまとめる

浴室やキッチン、トイレといった水回りは、位置が離れるほど配管が複雑になり、作業や部材の面でコストアップに繋がります。
そのため、水回りはなるべく一箇所に集中させましょう。

*設備のグレードを押さえる

材料や設備のグレードを押さえることで、コストダウンができるでしょう。
キッチンといった水回りでも、有名メーカーとそうでないメーカーの商品を比較すると、コストが大きく異なります。
メーカー名だけでなく、品質やコストパフォーマンスを重視して、設備を選べましょう。
ついつい、知名度の高い会社に建設を依頼したくなりますよね。
しかし、有名メーカーでは、仲介手数料や広告宣伝費の経費に大きくお金をかけているため、低予算で住宅を建てるのが難しい傾向にあります。
平屋の建築実績が豊富な住宅会社に依頼するのが無難だと言えるでしょう。

□まとめ

今回は、平屋の価格の相場や価格を抑える方法を紹介しました。
平屋の価格の相場や、平費用の違い、価格を抑える方法をご理解いただけたでしょうか。
当社では、平屋の設計や建設についてのご相談を随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
長野市で平屋をご検討中の際は、ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

無料カタログを申込む