長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

和室を作った方が良い理由

2015.09.11


こんにちは!

おかげさまで創業66年。

子育て世代のための自然素材・木の家専門店

田中建築株式会社 三代目 代表の田中慎也です。

 

 

住まい造りでは、

どういった間取りにするかというのが 基本 であり、

重要 な ポイント でもあります。

和風の家であれば、

和室があるのは当然といえますが、

洋風の家であっても

和室が一つあると結構便利なものです。

 


和室を作るのをおすすめするのは、

畳の素材であるイ草は、

断熱性・保温性に優れ、湿気を吸収してくれます。

さらに森林の香りの源といわれる成分

フィトンチッドが含まれているので、

室内にいながら森林浴の効果を得られることができます。

 

 

四季のある日本では、

室内にいても気になる乾燥や湿気ですが、

和室は心身ともに快適に過ごすことのできる空間にしてくれます。

また、畳には空気が多く含まれていて

空気の層は音を吸収する作用があるうえ

クッション性もあるので

お年寄りやお子さんが転んでケガをする

リスクを軽減してくれます。

 

何よりも和室のメリットと言えば、

その用途の幅広 さ。

テーブルや椅子、ベッドなど、

家具を固定で配置している洋室と違い、

和室で使用する座卓や布団などは上げ下げが簡単なので、

普段は押し入れに仕舞っておくことができます。

 

 

意外と場所をとるアイロンがけや、

洗濯物をたたむときにも広々と使うことができ、

ちょっと一休みしたい時、

すぐに横になれることも魅力ですよね。

↑ 私はここが最重要ポイントだったりします(笑)

畳みは、夏涼しく、冬暖かいのもいいですよね。

 

 

また、来客時には客間や宿泊部屋として活用できますし、

将来的に同居を考えている方には、

防音効果のある静かな和室は

年老いたご両親の部屋としても最適です。

無料カタログを申込む