ブログBLOG

アドバイザー 増田竜大

2022.10.07

生活を考える家づくり

こんにちは。
おかげさまで創業73年
自然素材の木の家専門店 田中建築株式会社
アドバイザーの増田です。

お家づくりをしたら、皆さんはそこで何をしますか?

簡単に言えば生活しますよね。当たり前なんですが、間取りなんかを考える時どういった生活をイメージして家事動線つくるか。

弊社は、資金計画を大事に考えています。それはなぜかというと、お家を作ってからが住宅ローンを払ったり、お子様が大学に進学するとなると、授業料・月々の仕送り、それと老後の資金も考えなくてはいけんません。

これらは人生3大支出といわれています。

この3大支出の事を考えながら、常に生活していかなければならなくて、不安ばかりが頭をよぎっては、なんのためにお家を作ったかわかりません。弊社ではそういったお金の不安を取り除くために資金計画をおこなっています。

ただ、資金計画だけをおこなっても、そのお家で楽しくスムーズにストレスなくして暮らしていけるのかというと、それは別です。今回はいつも書いている、建物の素材や性能・住宅ローンといったこととは別にすごしやすい生活・暮らしについてかきます。

コロナの影響で悩みや・ストレスが増えた

コロナの影響で私たちの私達の生活は大きく変わりました。感染が拡大している時期は多くの方が外出を控え、仕事はリモートワークが増えたり、人と接する機会が減ってきたます。このコロナ禍で多くの人に新しい疲れや悩み、ストレスをもたらしたとも言えます。たとえば、コロナ禍になって運動量が格段に落ちた、陽光の差しにくい部屋でのオンライン会議が続いて、不安を和らげるセロトニンや、良質な眠りに必要なメラトニンの分泌が妨げられた。こうしたことが、身体の健康やメンタルに良くない影響をもたらしたのです。

疲れやストレスの解消の場所をつくる

深呼吸をする

コロナ禍で多くの方が一日の大半をマスクで過ごしていますが、マスク着用ではどうしても呼吸が浅くなります。浅い呼吸は自律神経を乱し、リラックスを妨げます。お家で、休日バルコニーやウッドデッキなどで日光を浴びながら深呼吸をしてみる。これだけでも大分気分が楽になります。

一人の時間を確保する

「誰かと一緒にいる時間」と同じくらいに「一人の時間」も大切です。

部屋で、パソコンや映画をみたりyoutubeをみたり読書をしたりして、一人の時間を過ごします。忙しくてスケジュールが空いているとつい新たなスケジュールを入れてしまう人は、スケジュール表に「一人の時間」を入れて時間を確保するのも一つの手です。

最後に

皆さんどういった生活を送りたくて、マイホームの購入を考えていますか?

生活の仕方で節約できたり、気持ちにゆとりを持てると思います。せっかくマイホームを買うのであれば、いい暮らしを送ってもらいたいと思います。これからもこういった、お話を書きたいとおもいます。

 

私たち田中建築株式会社は、

「家づくり」を「幸せづくり」にするという信念があります。それを実現するための方法は、ファイナンシャル・プランの見直しと自然素材をふんだんに使ってデザインされた木の家です。同じ志を持った協力業者と共にお客様の思いに寄り添う、顧客密着の工務店です。

 

一覧に戻る