長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

フラット35はお得なのか?

2015.12.30


こんにちは!

おかげさまで創業66年。

子育て世代のための自然素材・木の家専門店

田中建築株式会社 三代目 代表の田中慎也です。

 

フラット35(長期固定金利)と固定金利の違い


住宅ローンを考えたときフラット35という言葉を良く耳にしませんか?

 

「聞いたことはあるけど、住宅ローンと何が違うの?」

今回はその説明をさせていただきたいと思います。

 

フラット35は住宅金融支援機構が取り扱っている住宅ローンのことをいいます。

 

住宅金融支援機構とは旧住宅金融公庫

かつて存在した建設省今の国土交通省の財務省所管の特殊法人・政策金融機関のことです。

 

簡単に言いますと国が取り扱っている住宅ローンと思っていただければいいと思います。

 

その名前からもお解かりかと思いますが35年間ずっと金利が変わらない住宅ローンです。

多くの金融機関で取り扱っており申込が出来ます。

 

 

では、ここで返済額がどれだけ違うのか比較してみましょう。

 

民間金融機関の3年固定の金利が1.10%だとします。

フラット35(35年間固定金利)が1.57%だとします。

 

金利だけを見てみると、フラット35の方が断然高く見えます。

 

これを比較してみます。

2000万円を35年返済で借りた場合金利1.10%で計算すると、月々57,394円になります。

金利1.57%で計算すると、月々61,924円になります。

 

あなたならどちらを選びますか?

 

当然金利が低く、月々の返済が少ない方を選びたくなると思います。

でも、良く考えてみてください。

3年固定は、文字通り3年間は金利も返済額も変わりません。

でも、3年経った後はその時点での金利になります。

しかも、金利が変わらなかったとしても返済額は高くなります。

 

なぜなら、3年経過後は店頭表示金利から1.0%引いた金利となっているところが多いからです。

 

「ん?どういうこと?」と思われた方もいらっしゃると思います。

 

チラシやネットで大きく表示されている金利は優遇金利です。

その下に、小さな字で書いてあるのが店頭表示金利です。

基準金利ともいいます。

 

 

では、この優遇金利いったいいつまで優遇してくれるのでしょうか?

 

そうなんです。

最初の固定期間が終了するまでの優遇金利なのです。

 

ですから、3年固定なら最初の三年間、5年固定なら最初の5年間この優遇金利が適用されます。

だからと言って優遇金利がすべてなくなるわけではありません。

 

例えば優遇金利が1.1%の3年固定のものが店頭表示金利2.5%だったとします。

3年後、金利が変わらなかった場合1.0%優遇してくれるとします。

2.5%-1.0%=1.5%の金利が適用されます。

 

よって1.5%の金利で計算すると4年目かの返済額は月々60,923円になります。

 

 

では、3年後金利が0.3%上がっていたらどうなるでしょう。

1.8%で計算しますので、4年目かの返済額は月々63,655円となります。

 

 

どうですか?フラット35(35年間固定金利・返済額一定)の場合月々の返済額は61,924円でした。

 

一方、3年固定で借りた場合金利が変わらなくても、月々60,923円0.3%金利が上がっただけで、月々63,655円です。

 

金利が0.3%~0.7%違うだけで、返済額が月々3,000円~6,000円違うことがわかります。

この数千円の違いが35年ともなると、250万ほど違ってきます。

 

 

ここで重要なのはリスクをどう考えるかということです。

 

35年という長いスパンでローンを考える場合目先の金利ばかりにとらわれていては絶対にいけません。

短いスパンで金利を考えた場合はリスクは金融機関にゆだねることになります。

 

しかし、長いスパンで金利を考えた場合自分でリスクをコントロールできます。

どちらがいいかは、賢明なあなたならわかるはずです。

 

最後に、フラット35の最新情報をお伝えします。

 

フラット35Sの金利が、質の高い住宅では10年間0.6%下がっていましたが、

これが0.3%に縮小されます。

 

平成28年1月29日の申込であれば、0.6%が適用されますので、

借りる予定のある方はお早めに!

 

この優遇は長期優良住宅や低炭素認定住宅に適用されます。

フラット35Sが適用できるからです。

 

 

具体的に計算してみましょう。

同じ条件 2000万円を35年返済で借りた場合金利が1.57%だとします。

そこから10年間0.6%下がりますので、10年間は0.97%になります。

月々の返済額は56,177円。

 

その後11年目から35年目まで金利1.57%となり月々の返済額は60,324円となります。

これが、35年間ずっと安心して借りられる住宅ローン、フラット35の魅力なのです。

無料カタログを申込む