長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

バリアフリーリフォームで気をつけること

2015.11.09


こんにちは!

おかげさまで創業66年。

子育て世代のための自然素材・木の家専門店

田中建築株式会社 三代目 田中 慎也です。

 

今の日本は超高齢化社会と言われています。

少子高齢化が問題になっていることは

皆さんご存知だと思います。

 

それに伴ってお家をバリアフリーに

リフォームされる方も多くなっています。

 

そこで今回はバリアフリーリフォームを行う際に

気を付けることについてご紹介いたします。

 

 

 

①手すりの高さ

 

バリアフリーリフォームをする時、

まず手すりを付けると思います。

その時に、現時点で掴みやすいと思った高さ、

または少し低めにつけるようにしましょう。

 

高さを決める時点では

普段より姿勢をよくしている場合多く

高めになってしまいます。

また、高齢になると、

腰が曲がったりすることで

背が低くなりますし、

車いすを利用することも

考えなければなりません。

 

②玄関の段差

 

家の中の段差については

スロープにする方が多いのですが、

スロープにすることで

体のバランスを崩しやすい方がいらっしゃいますので、

スロープにした方がよいか、

低い階段のようにした方がよいか、

その方の動作の容易性を考えて選びましょう。


 

また、門から玄関までのアプローチに

スロープをつけれるよう

配慮しておくことを忘れがちですが、

玄関は雨の日は濡れて

滑りやすくなっている場合もありますし、

転倒しやすい場所でもあります。

忘れることなくスロープがつくれるよう

計画しておきましょう。

 

 

③キッチンと洗面台

 

高齢になった時に、

キッチンや洗面台の高さを

低めに設置しなおすことがあります。

しかしそこで忘れがちなのが、

車いすで利用する時のことです。

車いすで利用する場合、

机のように下部に車いすが入れる

スペースを作る必要があります。

また椅子に座って作業できるようにしておくとよいでしょう。

 

 

高齢者は年齢による体力の低下や、

病気による機能低下が予測できます。

今の改善点と同時に

今後、低下していく機能を考慮し、

事前に工事しておく。

または、今後のリフォームのための

下準備の工事を

今回の工事の時にしておくことをお奨めします。

 

今回ご紹介したポイントをしっかり押さえて

リフォームするようにしましょう

無料カタログを申込む