長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

中山聖子

中山聖子

アドバイザー(Web・広告制作担当)

施主だったからこそわかる、お客様の気持ちを大切に

田中建築との出会いは、自分たちの家づくりを依頼したことがきっかけです。それまで12社ものハウスメーカーや工務店を巡ったものの、なかなか自分たちの要望に合う会社と巡り会えず、すっかり疲れ果てていました。

「この会社でダメだったら、少し妥協して大手ハウスメーカーで契約しよう」

そんな思いで13社目に訪れたのが田中建築でした。

まず驚いたのが、今までの会社とは違って社長が営業をして来ないこと。そして、断熱構造もこれまで見学した会社のなかでいちばん丁寧な施工だったのです。通常、高性能なSWパネルを使うとどうしても配線回りに隙間ができてしまいます。田中建築はそうした隙間や接合部を発泡ウレタンの断熱材で徹底的にふさぎ、きちんとケアしていることが伝わってきました。

「ここなら私たちの要望を叶えてくれるかもしれない…!」

そんな期待を抱き、間取りを作ってもらったところ、初回から夫婦ふたりで大満足。とくに私たちがこだわったのが雪国の冬も快適に暮らせるビルトインガレージで、大手ハウスメーカーではその要望がなかなか伝わりきれなかったのですが、当社は一発で「いいね」とふたりで思える間取りが出てきたのです。かつ、断熱性、気密性のよさに加えて価格も手が届く範囲。すぐに契約をしました。

そして施工後、社長から長野市内に新オフィスを設けるにあたってスタッフを募集している話を聞き、2019年に入社。現在はホームページの更新やチラシの作成、配布を行っています。以前は保険関係や金融系の仕事に就いていたので、Web関係の業務は未開の地。それでも当社では私がWeb関係を任されているので「この分野では社内で誰にも負けない」という気持ちで仕事を極めていきたいと思っています。

また、施工したお客様に定期的にご連絡し、不具合などがあった場合の対応手続きをするアフターサービス関連も担当しています。私自身が当社で家づくりをしたからこそわかるのですが、お客様は何か直したい部分があっても、なかなか言い出しづらいもの。そこで、こちらからお客様にアプローチし、要望を汲み取って末永くお付き合いできるよう心がけています。

なお、社内は風通しがよい雰囲気で、社長との距離感も近く、みんなが思っていることを気さくに話せる楽しい社風です。ハウスメーカーにはない、腕のよい大工さんがいる昔ながらの工務店の気取らない感じや、派手さはないものの確かな技術や取り扱う扱う商材の品質の高さが魅力。そんな当社のよさを発信し、そのうえで今後さらにお客様が増えても、一人ひとりを大切にする気持ちを忘れず仕事をしていくことがこれからの目標です。

そして、プライベートでは、ヨガやダンス、マラソンなど体を動したり、ふたりの娘を連れて家族みんなでキャンプや山登りといったアウトドア系の遊びを楽しむことが好きなので、そうした趣味も充実させていきたいと思っています。