長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

須坂市 建築家デザイン×田中建築の家 T様邸カーテン決め

2020.07.30


こんにちは!

おかげさまで創業71年。

自然素材・木の家専門店

田中建築株式会社 インテリアコーディネーターの中村 才子です。

 

 

先日T様よりオーダーカーテンの依頼を受けて、ミヤサカカーテンさんの出張カーテンサービスを利用することになり私も同行してきました。

T様の家はdesign casa というシステムの有名建築家 深瀬ヤスノリさんにデザインしてもらい、田中建築で施工した家です。

窓もすべて部屋の雰囲気をよく見せるため配置や大きさにこだわっており、市販のカーテンでは合うサイズを見つけるのは難しいです。T様は最初から全部屋オーダーカーテンを考えていたとのことで、それぞれの部屋に合うイメージのカーテンを試着することとなりました。

 

 

まずはリビングの大きな窓をどうするか?カーテンを試着してみました。

 



 

カーテンの色はもともと考えていらっしゃったベージュ系とソファが緑色を購入したとのことで、グリーン系のカーテンを試してみました。ご両親とご夫婦で遠くから見たカーテンの色をチェックしました。

 

 

近くでカーテンを確認してみます。

 


 

リビングには畳コーナーがあります。和風に合うカーテンを選ぶ必要があります。

 


 

これは選ばないかな??というカーテンを外してもらいました。

 


 

 

試着用カーテンをたくさん持ってきているので、生地の厚みやデザインを実際に触れて確かめます。

 

 

緑のカーテンもとても気に入ってくださったのですが、ソファの色と合わせるのは難しいと判断されて、ベージュ系のカーテンに絞ることにしました。

 


 

 

 

ご家族でどれが良いか相談です。試着したカーテンはどれを選んでいただいてもT様のリビングに似合います。

 

 


 


 

 

糸の模様がうっすらあるデザインカーテンのベージュ色で決定しました。

 

 

次にレースカーテンを決めるのですが、先日長野市のA様邸で、奥様がミラーレースカーテン(外側から見えにくいレースカーテンのこと)を実際に外から確認したお話をしたところ、T様も興味が沸いて外から見てみることにしました。

 


 

 

「これはすごい!!確かに見えない!!」と旦那様はご両親に確認してもらうために外側から写真を撮りました。

 

しっかりレースカーテンの効果を実感して、今度はデザインをどうするか?また何枚かレースカーテンを試着してもらいました。

 

ドレープカーテンに少し模様があるのでレースカーテンはシンプルなものがお勧めでした。

和風デザインに合うレースカーテンは少し麻の入ったような色味がある新作を選ぶことにしました。

 

リビングデザインと馴染みやすいカーテンを選んでいただいたのでインテリアの幅は広がると思います。好きな色でリビングインテリアを楽しんでくださいね。

 

 

 


次に1階ご両親のお部屋です。こちらのお部屋も畳コーナーがありますので、和室によく合うプリーツスクリーンをご提案させていただきました。

 

 

(ニチベイより)

 

プリーツスクリーンとは現在とても人気のあるカーテンスタイルです。

ドレープカーテンと違って布の厚みが出ないのでお部屋がすっきりと見える効果があります。大き目の窓があるご両親の部屋の場合、できるだけカーテンの存在を強く出さない方が空間がまとまりやすくなります。

 

 


 

プリーツスクリーンの生地は和紙に近いデザインのものを選ぶことにしました。色の種類がたくさんあるので、ご両親は迷います。

明るいお部屋にしたいということで、アクセントクロスの和紙のベージュに合わせるのか、井草の畳の色に合わせてグリーンにするのかの2択となりました。

 

いろいろと考えたうえで、ベージュの色に決めました。リビングとの統一感もありますのでとても良い選択だと思いました。

 

 

 

次に主寝室のカーテン打合せとなりました。

 


 

 

窓をつける部分には和紙の紺色のアクセントクロスが来る予定です。旦那様は私がお渡ししたマテリアルボードを持参してくださって実際の和紙の色と比べてみました。この紺色のカーテンはとても色馴染みが良かったです。

 

 

他の色はどうだろう?ということから、グレーのカーテンも試してみました。

 


 

 

こちらもかっこいい感じのお部屋になります。

室内の照明がまだ設置されていなかったので、自然光のところでどちらの色にするか?を検討することにしました。

 

 


 

 

こうして自然光の下で実際の色を比較すると非常にわかりやすくなります。これは既成のカーテンではなかなかできない作業ですので、オーダーカーテンの場合、インテリアとの完璧な色合わせが可能となります。

 


 

 

グレーは非常に色合わせが難しい色です。また、糸の種類により、布の表情が変わります。

グレーが3種類並んでいるのですが、皆様もこの写真を見ると色の違いが分かると思います。

 

 

この中で青みのあるグレー色が一番施主様のお部屋に似合うと私は思いました。(真ん中)

アドバイスする前に、奥様が直感的に私が良いなと思ったものを選ばれたので良かったです 笑

 

もう一つそのグレーが良いなと私が思った理由があります。それは実際市場で出回っているインテリア用品及び、ソファやリネン類のグレーの色に一番馴染みやすい色だったからです。

ですから、T様は好きな色をそのお部屋に置いても、インテリアの色を迷う必要がなくなります。素敵な癒しの空間を作ってくださいね。

 

 


 

 

最後に子供部屋2か所です。こちらは少し柄のあるカーテンでも良いかなということで試着してもらいました。

子供部屋のカーテンは旦那様が見た瞬間に直感で決めました!ご夫婦とも感覚が非常に優れています。

 


 

子供部屋の1面のみアクセントクロスを貼りますので、最終確認です。お選びいただいたカーテンの色とクロスはとても良く似合っていました。

 

 

 

家全体のフルオーダーカーテンの良いところは、家全体のインテリアの統一感がある、その部屋にあった最適なカーテンスタイルをご提案できる、細かい色合わせを確認できる点にあります。

 

T様打合せお疲れ様でした。家全体のカーテン決めはとても疲れたと思いますが、いつも奥様は打合せが終わるたびに「今日はとても楽しかったです!」と言ってくれるのが私もとてもうれしくなります。

 

完成がとても楽しみですね。

 

 

私たち田中建築株式会社は、
「家づくり」を「幸せづくり」にするという信念があります。

それを実現するための方法は、ファイナンシャル・プランの見直しと
自然素材をふんだんに使ってデザインされた木の家です。

同じ志を持った協力業者と共に
お客様の思いに寄り添う、顧客密着の工務店です。

 

 

 

 

無料カタログを申込む