長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

長野で平屋を建てるなら!平屋の防犯対策をご紹介!

2020.03.22


長野県で平屋の建築をする際、防犯対策でお困りの方がいらっしゃるかもしれません。
平屋では2階建て3階建ての住宅に比べて、空き巣に狙われやすいです。
そのため、平屋の防犯対策は厳重にする必要があります。
そこで、今回は平屋の防犯対策について紹介します。

□平屋が狙われやすい原因

平屋は2階建ての住宅よりも狙われる確率が高いです。
なぜなら、平屋では守るべき入り口が増えるからです。
また、設計の際家からの景観をよくするために窓をたくさん設置するかもしれません。
しかし、景観が良いということは外から自宅の生活が見えてしまう可能性があります。
そのため、侵入者の事前調査で生活状況を把握されやすくなり、狙われるリスクが高くなります。
ここで、「平屋の防犯対策が疎かだから侵入されやすいのでは?」と考える方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、平屋でも防犯対策をしっかりしていれば、侵入される確率を低くできます。
侵入者にこの家は防犯対策をしっかりしていると思わせることが重要です。

□侵入者に狙われにくい家の特徴

「自宅は防犯対策をしているのに侵入された」という方がいらっしゃるかもしれません。
侵入者はブロック塀や柵で囲われた家を好みます。
なぜなら、そのような家は人の目が届きにくい場所にあるからです。
そのような家は一度侵入されると、外からは何をしているかわからないため、犯行がしやすい場所と言えます。
そのため、壁や柵で家を囲むだけでは安全どころか、むしろ発見が遅くなり危険かもしれません。
ここで、「侵入者が好まない家の特徴とは何か」と考える方がいらっしゃると思います。
侵入者が好まない家の特徴として侵入に時間がかかることがあります。
また、侵入を察知されることも侵入者は好みません。
防犯対策をする際はこの2点を意識すると良いかもしれません。

□平屋における具体的な防犯対策とは?

ここまでは、平屋が狙われやすい原因と侵入者が好まない家について紹介してきました。
ここからは、具体的な防犯対策として4つの対策を紹介していきます。

*窓の防犯対策について

家へ侵入する際の手口として窓からの侵入が半数以上を占めているため、窓の防犯対策は非常に重要です。
窓の防犯対策をするときは、割られにくい窓にするのがポイントです。
侵入者は家に入るのに5分以上の時間がかかると、犯行を諦めると言われています。
そのため、窓の防犯には防犯フィルムを施工したり、防犯ガラスを設置するなどの対策が良いかもしれません。
防犯フィルムには窓を割れにくくする機能があるため、侵入者は窓を割って侵入するのが困難です。
防犯ガラスは防犯フィルムと同様の効果があります。
大きな窓がある場合は防犯フィルムの施工や防犯ガラスの設置が特におすすめかもしれません。
また、窓には防犯フィルムなどに加えて補助鍵を取り付けることをおすすめします。
備え付けの鍵では簡単に解錠されてしまうため侵入を完全に防ぎたいならもう1つの鍵が必要です。
補助鍵は取り付けることで、鍵の解錠に時間がかかり犯行を諦めやすくします。
窓の防犯対策には割れにくい窓の設置と補助鍵をセットで取り付けると良いかもしれません。
さらに、補助鍵は玄関の防犯対策にも有効なので、玄関への取り付けも検討することをおすすめします。

*センサーライトの設置

防犯対策としてセンサーライトの設置はとても有効です。
センサーライトとは、人の動きや体温に反応して自動で点灯するライトのことです。
侵入者は人から見られることを好みません。
そのため、人の動きを感知して光るセンサーライトとは相性が良いと言えます。
また、センサーライトによって人の目に止まりやすくなるため、侵入をいち早く察知することができます。
平屋の場合は玄関に加えて、窓の周りにも設置しておくと効果的かもしれません。

*家周りの防犯対策について

侵入者は、犯行を静かに行うため、家の周りに侵入者がいたとしても、侵入されたことに気づきません。
このような事態を防ぐ方法として、家の周りに防犯用の砂利を敷き詰める方法があります。
防犯用の砂利は一般的な砂利に比べて石のサイズが大きいため、砂利の上を歩くたびに大きな音が鳴ります。
侵入者が家の敷地に入っても歩く音から侵入を感知しやすくなるため、防犯対策にとても有効です。
また、防犯用の砂利はデザイン性にも優れているため、デザイン面で悩む心配もありません。

*ご近所付き合いについて

防犯では、ご近所付き合いも重要な対策の一つと言えます。
近所の方が自身の家族構成や帰宅時間を把握することで、見慣れない人がいた場合にすぐに気づけるからです。
そのため、普段から挨拶や立ち話などで交流を深めて、ご近所の方と親密な関係にしておくのがおすすめです。

□まとめ

今回は平屋の防犯対策について紹介しました。
平屋の防犯対策として窓は防犯フィルムと補助鍵を設置し、家の周りには防犯用の砂利を敷き詰るのが効果的です。
センサーライトの設置やご近所の方と関係を持っておくことで、他の人が侵入に察知しやすくなります。