長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

自然素材で注文住宅を建てよう|無垢フローリングの特徴は?

2020.01.30


こんにちは。
おかげさまで創業71年
自然素材の木の家専門店 田中建築株式会社
三代目 代表の田中慎也です。

今年は、本当に雪が降らないですね。
こんな年は初めてです。

工事現場は雪が降らないと助かりますが、スキー場や
除雪を仕事にされている方は大変ですね。

スキーやスノーボードを楽しみにしている方も
雪が降らないと、がっかりしてしまいますよね。

私も4歳になった娘を今年こそはスキーデビューさせようかと思っていたのですが
来年に持ち越しです。

さて今回は、無垢フローリングのお話です。
「無垢フローリングとは何なのか」「どういったところが良いのか」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
人気の無垢フローリングについて解説します。
無垢フローリングを住宅に取り入れるか迷われている方必見です。

 

□無垢フローリングとは

無垢フローリングとは、「天然の木にほとんど手を加えない一枚板のフローリング」を指します。
スライスした板材を接着剤で重ね合わせる複層フローリングと違って、一本の木から切り出された無垢フローリングは、木の持つ肌触りの良さと弾力性のある質感をしっかり残しています。

木の色味や木目がしっかりとフローリングに出るので、木のぬくもりを感じながらも、上質で洗練された住空間に作り上げます。
無垢材は、一本の木を使用する大きさに合わせて切って作るため、大量生産が難しくなります。無垢材が希少であるため、無垢フローリングは複合フローリングよりも価格が高いです。

無垢フローリングの大きな特徴は、年月の経過とともにその表情と風合いの深みを増していくことです。これは「経年変化」と呼ばれており、使いこむほどに木の色味やつやが変化していきます。

フローリングに傷がついたとき、気にする方が多いと思います。
しかし無垢フローリングの場合、年月が経てばなじんでくるので、傷も家の歴史の印のひとつとしてむしろ愛着がわくかもしれません。歳を重ねるごとに古びていく無垢フローリングは、住む方の思い出とともに、唯一無二の住まいにしてくれることでしょう。

 

□無垢フローリングの魅力

無垢フローリングは、見た目のおしゃれさだけではなく、機能性の面も非常に優れています。木は、調湿作用や保温効果を持ち合わせております。

無垢フローリングは天然の木のそのものであるため、実際に生きて呼吸しています。
そのため、自ら周りの環境に合わせて、湿気が多いときは水分を吸収し、乾燥しているときは水分を放出します。このようにして、いつも湿度が一定の快適な空間を作り上げてくれます。

また、無垢材は熱伝導率がかなり小さく、熱を逃しにくいのが特徴です。寒い冬に床が凍ったような冷たさになることがなく、しっかりと暖かみがあります。

さらに、木には気分を落ち着かせてくれるリラックス効果もあります。
木の香りを嗅いだとき、不思議と気持ちが落ち着いた経験をしたことはありませんか?これは、木の成分である「フィトンチッド」と呼ばれる癒し効果を与えてくれる成分が、木の香りに含まれているからです。木がもたらすリラックス効果は科学的にも検証されていて、実際にアロマテラピーにも活用されています。

木のリラックス効果を活かして無垢フローリングを寝室に取り込めば、上質な睡眠が取れると言われています。
木の種類によって香りが異なるので、部屋によって使う無垢フローリングの木材を変えて、香りを楽しむのも良いかもしれません。
このように、無垢フローリングはさまざまな機能を持ち合わせ、人体に優しい素材であると言えます。

 

□無垢フローリングのメンテナンス

無垢フローリングを長く使うためには、フローリングに塗装を施すことが必要です。
無垢フローリングを無塗装のままにすると、「水拭き掃除」ができません。
また、水滴をこぼしたら、木材に直接水が染みこんで「染み跡」が残る恐れがあります。

木材の仕上げに用いる塗料は、ウレタン塗装をはじめとする「コーティング塗料」とオイル塗料をはじめとする「浸透性塗料」の二種類あります。
ただ、ウレタン塗装を用いるとフローリングの表面がペタペタした感じになるので、無垢フローリングの足触りの良さが失われてしまいます。
またウレタン塗装は、フローリングの表面をコーティングするので、無垢材の調湿機能も機能しなくなります。
そのため、無垢フローリングの塗装には、浸透性塗料であるオイル塗料やワックス塗料がおすすめです。

浸透性塗料は、木材に塗料を浸透させて木を汚れから守ります。
木の質感に影響を及ぼさず、原料も自然素材由来であるので安全・安心です。

 

*オイル塗装

オイル塗装は、塗料を木材の内部に浸透させるので、木の表情が活きる塗装です。
しっとりと濡れたようなつや感が出て、無垢材の綺麗な木目や色味を一層際立たせます。
オイル塗装と相性が良いのは、チークやローズウッド、ウォールナットといった色味がしっかり出ている木材や、ナラやアッシュといった木目がはっきりしている木材です。

*ワックス塗装

ワックス塗装は木の表面にとどまって汚れから守る塗装です。
オイル塗装のような濡れ色にならず、無塗装のようなさらりとした仕上がりです。
ワックス塗装は、白木の白さを一層活かせます。
ワックス塗装と相性が良いのは、ヒノキやパイン、スギといった針葉樹です。

 

□まとめ

今回は、自然素材の無垢フローリングについてご紹介しました。
体も心も安らぐ無垢フローリングを注文住宅に取り入れてはいかがでしょうか?
無垢フローリングはあなたの住宅をより一層快適にしてくれることでしょう。

当社は、自然素材を用いた家づくりを専門としておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。