長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

無垢材のフローリングと合板のフローリングの違い

2015.11.21


こんにちは!

おかげさまで創業66年。

子育て世代のための自然素材・木の家専門店

田中建築株式会社 三代目 田中 慎也 です。

 

最近は自然素材を使ったお家が人気です。

 

そこで、よく使われるのが

無垢材を使ったフローリングです。

 

しかし、無垢材のフローリングと

普通のフローリングってどう違うの?

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、無垢材のフローリングと

通常良く使われる 合板フローリングの

違いをご説明いたします。

 

 

①値段

まず値段に関しては、

自然素材全般に言えることですが、

高くなります。

合板のフローリングでも

何かの機能が付いているものは

無垢材のフローリングより高くなることがありますが、

機能の無い状態でみると

無垢材フローリングは合板のフローリングより

約1.5倍~2倍程高くなります。

 

②あたたかさ

無垢材は自然の木そのままを利用しているので、

木にもとから備わっている調節機能が働いてくれます。

熱を通しにくくなっているので、

夏は涼しく、冬は暖かく保てるのです。

これは省エネにもつながるので嬉しいですよね。

 

③傷つきやすさ

合板フローリングに比べて傷がつきやすいです。

ですが、使っていると風合いで出てきますので、

それも楽しむこともできます。

 

いかがでしたか?

無垢材はお手入れ等が少し大変かもしれませんが、

自然を感じながら過ごすのも気持ちが良いものですよ。

 

また、有害物質は下に溜まる特性があります。

子供やペットは小さいですので

一番有害物質を吸い込むリスクがあります。

 

少しでも安全な環境をつくってあげたいと

私たちは考えますので

無垢材のフローリングをお奨めしています。

無料カタログを申込む