長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

住宅選びの基準を変える!光熱費シュミレーション

2017.01.31


こんにちは!
おかげさまで創業67年。
子育て世代のための自然素材・木の家専門店
田中建築株式会社 三代目 代表の田中慎也です。

 

皆さんは、何を基準に家を選んでいますか?

無題
デザイン、断熱性能、健康にいいかどうか、耐震性など
基準はその人の価値観によって違います。

 

時代も変化していき、家の性能を表す基準も変わってきています。
今回は、家の断熱性能と光熱費について考えてみましょう。

 

今までは、家の断熱性ばかりにとらわれていました。

 

例えば、どんな断熱材を使って、どのくらいの厚さにして
Q値といわれる断熱性能を計算によって求めるものにしていました。

 

私も、完成見学会などで、
「この家のQ値はいくつですか?」
「この家のC値はいくつですか?」
なんて、よく聞かれました。

 

ですが、実際にQ値、C値をお応えしても、
住んでみてどうなのかということを表す数値が
なかったのです。

 

つまり、数値がよければ「あたたかそう」といった
感じを受けるだけで、結局は住んでみての個々の感想になってしまうのです。

 

しかも、人は慣れてくると
あたたかい家でも、もっとあたたかくしたくなってしまうのです。

 

 

そこで、この家の性能を光熱費→お金に換算しようということになりました。

家の断熱性能を計算し、給湯機や暖房器具の性能を計算し、
水道の使用量を設定して、それを毎月にかかる水道光熱費として導き出すのです。

これによって、今まで個人の感覚によっていたものが数値化できるのです。

 

水道光熱費のシュミレーションが出来ると
月々の生活費のシュミレーションが出来ます。

 

例えば、今までアパートで暮していた方が、
家賃6万円+水道光熱費が2万円だったとします。

 

住宅ローンを組む時、家賃並みの6万円で返済を考えたとします。

 

ここで、新築したら光熱費が1万円で済むとシュミレーションできれば
1万円のゆとりができますよね。
さらに返済額をもう5,000円増やして、6万5,000円にすれば
35年返済で約180万円建物にかけることが出来ます。

 

お気に入りのキッチンやおしゃれなカーテンを選んでも
生活に余裕が出るかもしれませんね。

 

ぜひ、光熱費シュミレーションをして、理想の住まいを手にいてれください。

 

 

 

私たち田中建築株式会社は、
「家づくり」を「幸せづくり」にするという信念があります。

それを実現するための方法は、ファイナンシャル・プランの見直しと
自然素材をふんだんに使ってデザインされた木の家です。

同じ志を持った協力業者と共にお客様の思いに寄り添う、顧客密着の工務店です。

無料カタログを申込む