長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

住宅ローン控除が13年に延長!でも、それっていつまで??

2019.03.29


こんにちは。
おかげさまで創業69年。
自然素材の木の家専門店 田中建築株式会社
三代目 代表の田中慎也です。

 

3月ももう少しで終わりですね。

早いもので、娘も4月1日に保育園の入園式を迎えます。
妻が学校事務をしている関係で、入園式は私一人で行くことに
なりました。

なんか、緊張します。

さて、今回は「住宅ローン控除」のお話です。

消費税 増税が10月1日に行われることが決定しています。それに伴い、「住宅ローン控除」の期間が10年から13年に延長されることが決まっています。

「住宅ローン控除」とは借り入れの額の、期末残高の1%を所得税、及び住民税から引いてくれるというものです。

例えば、
残高が3000万円あれば、30万円分を所得税+住民税からひいてくれるということになります。

 

この期間が、13年に延長されるため、人によっては住まい給付金と合わせると、2%の増税後の方がお得になるケースもあります。

ですが、注意しなければならないのは、この延長制度がいつまで続くのかということです。

 

実は、

「2020年12月末までに入居したかたまでです!」

これを忘れないでくださいね。

 

住まい給付金も増えるし、住宅ローン控除期間も伸びるしと、のんびりしていると、この期間に間に合わなくなる可能性があります。家づくりは計画的に進めることが大切ですね。

 

 

 

私たち田中建築株式会社は、
「家づくり」を「幸せづくり」にするという信念があります。

それを実現するための方法は、ファイナンシャル・プランの見直しと
自然素材をふんだんに使ってデザインされた木の家です。

同じ志を持った協力業者と共に
お客様の思いに寄り添う、顧客密着の工務店です。