長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

今すぐ家を建てるVS頭金を貯めてから建てる

2016.03.09


こんにちは!
おかげさまで創業66年。
子育て世代のための自然素材・木の家専門店
田中建築株式会社 三代目 代表の田中慎也です。

 

アパートで暮らしながら頭金を貯めるのは間違い?


 

私の会社に相談に来られる方で
「いずれは家を建てたいと思っているのですが、
頭金を貯めてからの方がいいのでしょうか?」

という質問をよく受けます。

 

その答えとして私がお伝えすることは、
「家賃を払いながら頭金を貯めるって大変じゃないですか?
それなら、住宅ローンを組んで支払いをスタートさせた方がお得ですよ。
今は金利も低いですし・・・。」

とお伝えしています。

 

住宅展示場に行かれたことがある方なら、この話は耳にしたことがあると思います。
「なーんだ、営業マンと同じじゃん」と
思う方もいるかもしれませんが、結果は明らかです。

 

今は日銀のマイナス金利の影響で金利が低い状態にありますので、余計顕著に表れます。

家賃のかからない実家や極端に家賃が低いところに住んでいる方は別ですが
アパート代を払いながら頭金を貯めるという考え方が
損してしまう根拠を説明いたします。

 

例えば・・・

 

30歳の方が、頭金なしで2000万円の住宅を建てた場合
35年返済 全期間固定金利  金利1.5%で計算すると

 

月々61,236円の支払い
総返済額25,719,333円

になり定年の65歳で完済できます。

 

 

次にその方が5年後、同じ住宅を建てた場合、頭金を月40,000円貯めると
40,000円×60ヶ月で=240万円になります。
ということは、1760万円のローンを組めばいいことになります。

 

65歳までに完済したいとすると、
1760万円を30年で返済することになります。
金利が変わらなかった場合は

 

月々60,741円の支払い
総支払額21,866,596円になります。

 

 

いかがですか?
頭金を貯めても、月々の支払いはそんなに変わりませんよね。

 

そして、忘れてはならないアパート代
月6万円支払ったとすると、5年で360万円になります。
ですから、頭金を貯めたとしても総返済額は25,466,596円となり
約24万しか変わりません。

 

 

それより、今すぐ家を建てた場合、住宅費用として月6万円支払えばいいのに、
頭金を貯めようとすると、住宅費用としては

 

アパート代6万円+頭金4万円の 計10万円もかかってしまうのです。

 

これでは、趣味を我慢したり、生活費を削らなくてはならなくなったりしますよね。
しかもこれは金利は変わらないのが前提です。

 

仮に5年後、金利が0.5%上がっただけで

 

月々73,923円の支払い
総支払額26,612,602円になります。

 

せっかく貯めた頭金の効果はまったくなくなってしまいます。

 


 

家づくりは一生に一度の大切な物です。
焦って家づくりをする必要はありませんが、正しい考え方を身に付けることは大切です。

 

日銀がマイナス金利を発表した今、
住宅ローンの金利は過去最低レベルになっています。

 

家づくりのこと、しっかりと考える時期なのかも知れません。

 

 

 

私たち田中建築株式会社は、
「家づくり」を「幸せづくり」にするという信念があります。

それを実現するための方法は、しっかりと未来を見据えたハウジング計画と
自然素材をふんだんに使ってデザインされた木の家です。

同じ志を持った協力業者と共にお客様の思いに寄り添う、顧客密着の工務店です。

無料カタログを申込む