長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

リノベーションの間取りに悩んでいる方へ!考え方を解説します!

2020.09.01


住宅のリノベーションをお考えの方はいらっしゃいませんか。
多くの方が、リノベーションをするときの間取りについてお困りかと思います。
そこで今回は、リノベーションの間取りの考え方と、実際にあったリノベーションの間取りの失敗例を紹介します。

□リノベーションのときの間取りの考え方を紹介します

リノベーションの間取りの考え方をいくつか詳しく紹介します。

一つ目の考え方は、部屋数が多いことが良いとは限らないことです。
部屋数を少しでも多くしたいと、お考えの方は多いのではないでしょうか。
例えば、家族一人一人の個室や客間、ゲストハウスなどをお考えでしょう。

しかし、部屋を詰め込みすぎると、狭苦しく感じ、生活感が乏しく感じるでしょう。
また、子供が独立した後のことを考えると、空き部屋が増えてしまい無駄なスペースに困ってしまうこともあります。

二つ目の考え方は、どう暮らしたいかをイメージすることです。
家族と、その住宅でどんな暮らしをしたいか明確にイメージしましょう。
そうすることで、より住み心地の良い、自分だけの住宅を作れます。
例えば、中央にキッチンを設けることで、家族のコミュニケーションが取りやすかったり、天井を高くして開放的なリビングを作ったりする間取りが挙げられます。

三つ目の考え方は、家族の居場所と接し方を考えることです。
家族の一日の生活を思い出しながらメモをとり、それを元にどんな風に家族と接したいかをイメージしましょう。
例えば、キッチンを一室に設けると、家族が帰ってきたときに、帰ってきたことを確認できなかったり、コミュニケーションの機会が減ったりしますよね。

しかし、オープンキッチンを設ければ、家族の様子をいつでも確認でき、コミュニケーションが増えます。
このように、家族とどのように接したいかを考え、間取りを工夫すると良いでしょう。

四つ目の考え方は、大まかに部屋の並びを考えることです。
暮らしをイメージできたら、リビングやダイニング、個室などを大まかに並べてみましょう。
その段階では何通りもの間取りを洗い出し、選択肢を増やすことをおすすめします。
その書いた間取りを業者や設計士に見せて、間取りの配置を相談すると良いでしょう。

□リノベーションの間取りの失敗例について

続いて実際にあったリノベーションの間取りの失敗例を紹介します。
下記を参考にして、後悔しない間取りを設計してください。

一つ目の失敗例は、キッチンの間取りについてです。
例えば、冷蔵庫をキッチンの奥に設置したことで、飲み物をとるのにわざわざ奥まで行く必要があるため、面倒に感じるという失敗例がありました。
また、冷蔵庫を買い換え交換するときに、冷蔵庫が出しにくく交換しにくかったという失敗もありました。

逆に、冷蔵庫を手前に置きすぎたことで、冷蔵庫の扉を開けたときに通路を防いでしまう失敗例があります。
冷蔵庫は使用頻度が高いので、配置は家事の動線や生活スタイルを考慮して、決めましょう。

二つ目の失敗例は、トイレの間取りについてです。
例えば、トイレを寝室の近くに設計してしまうと、夜中に誰かがトイレを利用したときに目が覚めてしまう場合があります。
また、リビングやダイニングの近くに設計すると、トイレの水の音が気になるでしょう。

さらに、トイレットペーパーを収納する棚を上の方に設置してしまうと、座ったままトイレットペーパーを交換できなくて困るでしょう。
このような失敗を防ぐために、利用シーンを想像して、トイレを設計しましょう。

三つ目の失敗例は、リビング階段についてです。
リビング階段は、開放的な空間に仕上がったり、家族同士でコミュニケーションが取れたりすることから、人気が高いです。
しかし、キッチンで調理している料理の匂いが二階まで上昇したり、冷暖房の効きが悪かったりするデメリットがあります。
また、家事動線を考えずにリビング階段を設計すると、無駄な回り道をする必要が出て、家事がしにくいと感じるでしょう。

さらに、一階の声が二階まで聞こえてしまうため、二階の子供部屋で勉強している子供が勉強に集中できない場合が考えられます。
このように、リビング階段はメリットがある一方で、生活に関わるデメリットが存在するので、業者に相談しながら慎重に検討しましょう。

四つ目の失敗例は、寝室の間取りについてです。
誰もが、寝室は静かでリラックスできる環境にしたいですよね。
失敗例として、東側に寝室を設計したことで、冬は暖かくて良かったけれど、夏は早くから眩しい日差しが入り込み、ぐっすり寝られなくて、後悔したというものがありました。

また、機械や設備の近くに設計したことで、機械音がうるさくてゆっくり眠られない失敗例があります。
このように、寝室の間取りでは、他の部屋との並びを気にして考えるようにすると良いでしょう。

□まとめ

住宅のリノベーションの間取りについてご理解いただけたでしょうか。
以上で述べた間取りの考え方と失敗例を参考にして、家族の生活に最適な間取りを作りましょう。

無料カタログを申込む