長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

デッドスペースをどう使う!?

2015.11.11


こんにちは!

おかげさまで創業66年。

子育て世代のための自然素材・木の家専門店

田中建築株式会社 三代目 田中 慎也です。

 

 

せっかくの注文住宅ですから、

スペースは有効に使いたいですよね。

 

実は家の中にデッドスペースと

いえる部分は多くあります。

 

一番わかりやすいのは

階段の下です。

今お住まいの家の、

階段の下部分は

ただの壁になっていませんか?

 

https://suvaco.jp/doc/deadspace-tips-160119より

 

 

 

 

それは非常にもったいないことです。

段差に合わせて本棚にすることもできますし、

扉をつけて、非常食などを置いておく

パントリーにすることもできますよ。

田中建築では写真のような棚を作製することも可能です。

 

それから、案外気づきにくい

デッドスペースとして壁が挙げられます。

 

壁のどこがデッドスペースなのかと

疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

壁は活用すれば立派なスペースになるんです。

 

壁の中の空間を利用して

壁に凹みを創れば(=ニッチ)


 

飾り棚になったり

 

リモコンや鍵など細々したものを

置いたりすることができますし、

 

フックをつけて鍵などをかけておくと

お出かけの際にサッととることができて便利ですよ。

 

また狭い廊下に出っ張ることがないので

邪魔になることもありません。
空間をうまく活用していないということは、

その分生活スペースが減っていることと

同じことでもあります。

 

注文住宅で間取りや収納スペースでお悩みの方は、

デッドスペースをいかになくすか、

ということも考えてみてくださいね。

 

活用の方法によっては

生活を豊かにすることができますよ。

無料カタログを申込む