長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

アイランドキッチンのメリット・デメリット

2016.09.26


こんにちは!
おかげさまで創業67年。
子育て世代のための自然素材・木の家専門店
田中建築株式会社 インテリアコーディネーターの中村才子です。

 

憧れのアイランドキッチン、我が家の暮らしにあっている!?


近年アイランドキッチンの人気が高くなってきています。

確かに、デザインがとてもカッコいいですし、
雑誌やショールームでみると、こんな素敵なキッチンにしたい!
っと思う方も多いと思います。

 

また、天板がフラットなオープン形式で壁がありませんから
開放的ですし、家族とコミュニケーションをとりながら料理ができたり、
子どもの様子を見ながら料理できるのは嬉しいことですよね。

 

しかし、デメリットになる部分もあります。

 

まず、リビングとつながっているので臭いが広がってしまうこともあります。

大量に油煙がでる調理などを繰り返すと、長期間では部屋の汚染もあります。

 

IHを使うと調理時の排煙効果がガスより減ると言われますが
それでもこまめなお掃除が欠かせません。

 

レンジフードも高性能になっていますが、
風の流れを作る壁があるとより効率的に換気できます。
また部屋の風通しをよくしておく必要があります。

 

次に、リビングからキッチンが丸見えになるということです。
来客があったときはもちろん、常に片付けておかなければなりません。
調理器具や調味料がたくさん置いてあるキッチンを
常にきれいに保つのは難しいという方もいらっしゃるでしょう。

 

そして来客にとって、目の前で働かれると、
ちょっと気になってしまう方もいらっしゃいます。

 

キッチンの形状は家族構成、生活スタイルなどを考慮して
考える必要があります。

 

今は人気があまりない単独のキッチンも、
料理好きで、料理がストレス解消という方には
集中して料理を楽しむことがきでるのでお勧めです。

 

メリットも多いオープンキッチンですが、
しっかりデメリットも知って対策をたてるようにしましょう。

 

 

私たち田中建築株式会社は、
「家づくり」を「幸せづくり」にするという信念があります。

それを実現するための方法は、未来を見据えた
ハウジング計画と自然素材をふんだんに使ってデザインされた木の家です。

同じ志を持った協力業者と共に
お客様の思いに寄り添う、顧客密着の工務店です。

無料カタログを申込む