長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

こんな平屋に住みたい!おしゃれな北欧風の外観について解説します!

2020.01.22


こんにちは。
おかげさまで創業71年
自然素材の木の家専門店 田中建築株式会社
三代目 代表の田中慎也です。


皆さん、平屋の外観について検討の際に
「せっかく家を建てるのだからきれいな外観にしたい。」
「最近流行の北欧風デザインの外観とはどのようなものなのか知りたい。」
と考えたことはありませんか。

しかし、平屋の外観について詳しく知らない方が多いです。
そこで今回は、北欧風の外観の特徴や作るポイントについて解説します。

□そもそも平屋とは

平屋とは1階建ての住宅を指します。
2階建ての住宅と比べ構造が単純であるため、平面計画がしやすく自由度の高い間取りを作れます。
そのため、見た目の工夫がしやすく、外観の選択肢が多く自由度が高いことも魅力のひとつでしょう。

□なぜ北欧風の外観が人気なのか

今、日本で住宅を建てる際には北欧風の外観にすることがとても人気です。

北欧では、住宅を森などの自然の中に建てることが多いです。
そのため、外観はシンプルな場合が多く、自然に溶け込めるような見た目をしています。
このシンプルな外観や木のぬくもりを活かしたデザインが美しいため、日本での人気を博していると言えるでしょう。

 

□北欧風の外観にするためのポイント

*外観の見た目を左右非対称にする

外観において最も美しい見た目は左右非対称にすることではないでしょうか。
左右非対称な外観は見た目が美しいため、外観の造りを検討するうえで最初に検討すべき選択肢でしょう。
有機的に構成された外観の見た目よりも、均質的に左右非対称で構成された外観の見た目の方が美しくオシャレになることがほとんどであるからです。

 

*外壁の色を工夫する

外壁はレンガや木材を用いて白やベージュ、茶色などのナチュラルカラーにすることが人気です。
しかし、日本の平屋において外壁にレンガや木材を用いることは少ないですよね。
そのため、レンガ調や木目調のサイディング材を用いることが一般的です。
また、サイディング材は日々のメンテナンスが少なくて済むことが魅力でしょう。

 

*屋根の形を勾配のある三角形にする

北欧は一年を通して雪が多く降る地域です。
そのため、雪の重みを軽減するために、勾配のある三角形の屋根を用いることが一般的です。
三角形の屋根を用いることで住宅の外観をより北欧らしく見せられます。

外壁に対して屋根の見える面積のバランスが1:1になることが黄金比であるため、できる限りこの比率になるよう設計をしましょう。

 

*屋根材を工夫する。

北欧風の外観に仕上げるためにおすすめの屋根材が3種類あります。

・洋瓦

海外の住宅で用いられていた洋風な瓦の屋根材です。
色合いが明るいものが多いため、屋根をより洋風にしたい方にはぴったりではないでしょうか。

・シングル材

シングル材とはアスファルトを原料とした屋根材です。
シート状の構造をしているため扱いやすく、複雑な屋根形状にも施工できるため屋根のデザインをこだわりたい方にはぴったりではないでしょうか。

・ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は合金であり、耐久性に優れている屋根材です。
また、薄くて着色性が非常に高いことが特徴です。
そのため、住宅の外観を北欧風に仕上げたい方には様々な趣向に対応できるため、ぴったりでしょう。

 

*窓を多く設置する

北欧風の外観にする際に欠かせないことが窓を多く設置することです。
しかし、ただ窓を配置するだけでなく、住宅の屋根の形状に合わせて窓の形状を工夫することが重要です。
窓の形状を工夫することで外観のアクセントにできるため、様々な個性を演出できるでしょう。
また、窓を設置することで換気もしやすくなり実用的であるためおすすめです。

 

*ドアと外観の趣向を工夫する

北欧風の外観にするために主に外観はレンガの模様にする場合が多いでしょう。
その際に、ドアは木製にすることがおすすめです。
ドアを木製にすることでナチュラルな雰囲気にまとめられ、色合いを工夫することで美しいコントラストを生めます。

 

*ウッドデッキを作る

スペースや予算に余裕がある際は、玄関やベランダ、庭にウッドデッキを設置することがおすすめです。
ウッドデッキを設置することで、外観に木のぬくもりを加えられ、さらに北欧らしい住宅になることが魅力です。

また、ウッドデッキを設置することで、住宅での利便性や快適性が増すことも魅力のひとつではないでしょうか。

 

*門扉や柵を工夫する

外観のデザインや扉だけでなく、外部装飾も北欧風で統一することが重要です。
そのため、門扉や柵にはシックで装飾性の高い金属製の物を使用しましょう。
金属製の物を用いることで引き締まった印象を与えられます。

 

□まとめ

今回は平屋における北欧風な外観について解説しました。
この記事を参考に、平屋の外観を検討の際は北欧風のデザインにすることを検討してみてはいかがでしょうか。

当社では平屋についてのご相談を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

 

私たち田中建築株式会社は、
「家づくり」を「幸せづくり」にするという信念があります。

それを実現するための方法は、ファイナンシャル・プランの見直しと
自然素材をふんだんに使ってデザインされた木の家です。

同じ志を持った協力業者と共に
お客様の思いに寄り添う、顧客密着の工務店です。

無料カタログを申込む