長野市、中野市、須坂市、飯綱町、信濃町の自然素材の木の家なら田中建築株式会社

  • 田中建築のfacebook
  • 田中建築のinstagram

ご相談・イベント申込み専用ダイヤル

0120-048-770

[ 受付時間 ] 9:00 ~ 18:30

BLOG

「グラスウール施工講習」を受けてきました!

2022.04.15


こんにちは。
おかげさまで創業72年。
自然素材の木の家専門店 田中建築株式会社
アドバイザーの中山聖子です。

 

4月24日に田中建築が入居している「いいづなコネクトEAST」で「結市」があるそうです。手作りクラフトの販売や出店等もあるそうです!楽しそうですね(^^)コロナでイベントが中止また中止の繰り返しでしたが、やっと少しずつ開催できるようになり、嬉しいですね!



 

さて、先日、田中建築の大工全員でグラスウール(断熱材)の施工講習と筆記試験、施工試験を受けてきました!

田中建築では高気密高断熱なお家をご提供するため、W断熱を標準としています。

数値で表しますと、C値(気密を表す数値)0.5以下、UA値(断熱性能を表す数値)0.4以下を実現しています。

断熱材は主にお家の基礎に施工する「基礎断熱」お家の内に施工する「内断熱」お家の外に施工する「外断熱」となります。

「グラスウール」はそのうち、おうちの内に施工する断熱材です。

この「グラスウール」という断熱材、しっかりと施工すれば断熱性能の高いお家となりますが、一方で、施工の仕方によって、断熱性能に大きく差が出てきてしまうのです!!!

 

このため、田中建築では全大工にグラスウールの施工試験・講習を受けてもらうこととなりました。

これから断熱材を施工する実際の現場での講習です。



 

田中建築で内断熱で使用している高性能グラスウールは厚さ105mmあります。
更に外にもネオマフォームという断熱材を30mm施工しています。

これは講習の先生にも褒められたほど優秀な断熱です。

 



しかし、いくら断熱材がよくても、厚さ・長さ・幅を決められたとおりに施工できるかどおかで暖かさに差がでてくるそうです。

断熱材の施工は、おうちの中のどの部分も同じではなく、浴室周りと土間、床、壁の施工等、それぞれ気を付けなければならないことが違うそうです。

この一つ一つも細かく学んでいきました。

実際に施工してみて、先生にアドバイスを受けていました。



 

例えば、柱の隙間にはグラスウールを切って、隙間なく埋め込むことや、埋め込み方等の技術も学んでいきます。



 



 

 

約2時間の講習のあと、施工試験がありました。社長も試験を受けていました!



 

その後、筆記試験もあり、社長含め大工の一同みんな合格!となりました!!
3時間半にわたる講習おつかれさまでした!
これから田中建築のお家はますます「冬暖かく、なつは涼しい」快適なお家になることでしょう!

 

 

私たち田中建築株式会社は、
「家づくり」を「幸せづくり」にするという信念があります。それを実現するための方法は、ファイナンシャル・プランの見直しと自然素材をふんだんに使ってデザインされた木の家です。
同じ志を持った協力業者と共にお客様の思いに寄り添う、顧客密着の工務店です。

 

★イベント情報★

飯綱町完成見学会→5/7sat,8sun 新築完成見学会in飯綱町 (tanaka-kenchiku.com)

檀田モデルハウス内覧会→檀田モデルGRANDOPEN! 4/30sat.5/1sun<完全予約制> (tanaka-kenchiku.com)

おやこハグフォト撮影会→おやこハグフォト撮影会inモデルハウス (tanaka-kenchiku.com)

 

無料カタログを申込む